商品番号: Cj00334

サフィレットグラス バックル つや消しカボッション

奥ゆかしくも存在感ある逸品です
サフィレットグラスとは19世紀中頃から1930年頃までチェコのヤブロネツで作られていた不思議な色のガラスです。
ガラスの発色に金や砒素を使ったとも言われていますが、詳しくは解っていません。
現在は生産されていない貴重なガラスです。

光の加減により、ブルーやグリーン系統の色と淡いピンクから茶系統の反射をする不思議なガラスです。
カットの方法によって様々な表情を見せるので宝石のような美しさがあります。また光源の違いによっても色の見え方が変わります。屋外や蛍光灯の下ではブルー系、白熱灯の下では茶系統の色が出やすくなります。
ご売約済み
■特徴 サフィレットグラスのバックル。
 
大粒のつや消しのサフィレットが付いた小振りなバックル。

深みのあるブルーが美しいサフィレットです。
つや消しのカボッションカットですが山の部分が高く非常に存在感があります。
とろりとしたつや消し特有の輝きも奥ゆかしく魅力的です。
台の透かしになっているデザインも素敵です。

サフィレットのコンディションは良く特別問題はございません。

ブローチやペンダントなどに加工しても素敵だと思います。

■サイズ

約5.8×3.1僉箆結時)
 サフィレットグラス 約1.5×1
 
■備考 20世紀初頭 チェコ
ガラス 真鍮
■画像 サフィレットグラス バックル つや消しカボッション

Copyright(C) JOLIE BROCANTE. All rights reserved.